カテゴリ:いま田んぼでは2011。( 21 )

放射能、精密検査結果。

 さて。取り急ぎアップロードした検査報告書でありまして、追って思うところを綴るわけであります。

 まずは、ND(不検出)で良かったというのが正直な気持ち。これがたとえ、国が示した暫定基準の500分の1に当たる1ベクレル(精密検査の検出限界)でも、不検出との差は大きい。
 結果を待つ間、いろんなことを考えました。宮城県の検査で、石巻はすべて不検出。しかし検出限界は20ベクレルで、しかも数キロ四方から1検体というメッシュの粗さが、そもそもの自主・自費検査の動機です。自分の田んぼがマイルドにホットスポットでない、と、どうして断言できようか。

 検査を依頼したことは、親しい友人には話したし、ツイッターでつぶやきました。実はここが、食品偽装にも通じる迷いの入りやすところです。結果は知りたい。でも、不利な結果だったら隠したいという「魔が差す」機会は、どんな農家や製造者にもありえるものだと思います。その上で隠さない方針、秘匿の闇へと走る道をあらかじめ断つ決意は、やはり相応に腹のくくりが要るものでした。

 数値が出たとして、それをどう評価し判断するかが、いっそう難しい。そもそも国の暫定基準500ベクレルというどっかから切り取って貼りつけたような数値は無意味だと思っていました。では県の検査で不検出となる19ベクレル×2核種で38ベクレル程度だったら、どうする? 根拠にギモンとはいえ暫定基準の10分の1以下だからダイジョウブだろうと判断していいのか。100分の1以下なら安心なのか。いや、いずれにせよ細心の警戒で、売らない決意を下すべきのか。
 一方で、農協への共同出荷は県知事の「安全宣言」とやらで既に始まっている。友人知人には販売を控えるほどのリスク(可能性)保有米を、見ず知らずの不特定多数に向けた販売にならOKなのか。それは道義的に責任を問われるものでないのか。
 このあらゆる意味での「線引き」の基準を、ついぞ決めることができないところへ、検査結果が届いてしまったのです。これが、偽らざるところ。

 果たして、の不検出。でもこれで晴れて、一点の曇もなく売れるか、お薦めできるか。改めて自問してみると、残念なことにそこまでは言い切れないのです。
 友人の何人かは「今年の新米も楽しみにしている」とか、「少々(数値が)出ようが気にしない」とか、収穫前から励ましてくれました(少々は厳密な意味ではないと思いますが)。そのように自身のツイッターなどで表明しておられる方もいます。中には、お代まで先にくださった方もありました。応援としては、これ以上のものはありません。お膝元へ飛んで行って御酒御肴取り揃え、厚く厚く御礼奉り申し上げたいくらい。そうした揺るぎない個の判断基準をもっている(と思われる)人、信頼厚い友人たちには、買っていただくことにしました。

 ただ、不検出といってもやはり東北産や宮城産は手が伸びない、伸ばせない。そんな考えの人も、決してゼロではないかもしれない。小さな、あるいは成長期の子供たちのためにもリスクを可能な限り排除する方針を、ナーバスに過ぎると誰が言えるでしょうか。「わたしは喜んでいただくけれど、友人に薦めて紹介するのは気が引ける」という人もいます。不検出の成績をもって強く薦めるのは、押し売りの域に越境してしまう可能性があることを否めません。向こうにすれば断るにも気を使うことでしょうし。

 よって、他の方にはお声をかけてくださった人に限り、ざっくばらんに話しあってみて決めたいと思います。ゆるい基準ですけど、ね。

 こんな大騒ぎの大元である原発事故の責任(というか無責任!)は、断じて問うていく。
a0118120_18274227.jpg

by kawa-usso | 2011-10-23 18:28 | いま田んぼでは2011。

稲刈り、始まっている。

a0118120_824936.jpg
 9/29日に、ひとめぼれ30アール。
 10/1日にもう30アール。

 本日はこれからササニシキ。

 追記。
 ササも10/5に刈り終わったです。
by kawa-usso | 2011-10-03 08:25 | いま田んぼでは2011。

どうしましょ。

a0118120_1021753.jpg
このくらいならまだいい。
ひとめぼれ。
a0118120_1032552.jpg
これはしんどいな。
ササニシキ。
やっぱ倒伏に弱し。
a0118120_1024866.jpg
排水路、たぷたぷ。
まだ当分かかりそ。
by kawa-usso | 2011-09-24 10:07 | いま田んぼでは2011。

夜が明けて。

a0118120_6371642.jpg
a0118120_6392722.jpg

 津波の置き土産も、持っていかれた(けっこう気に入っていたんだけど)。
a0118120_6504317.jpg

by kawa-usso | 2011-09-22 06:39 | いま田んぼでは2011。

23:00、招集。

a0118120_216108.jpg
 あちこちで川が決壊とか警戒水位とか道が冠水とか。一杯飲って気分よく寝てた当方も23:00たたき起こされた。雨合羽に身を固めて排水機場へ行ったら、大土川(北上川の支川)が切れてばんばか水が流れ込んでいる。家々は心配ないが田んぼが危機。集落の男衆のほか、市、県土木部、土地改良区も集まっている。
 土嚢でなんとかなる程度でない。土手の決壊カ所まで重機が入れない。クレーンと1トン土嚢が10コくらいなければ。ということで素人にできることはなし。自宅待機。手配ができるまで最低でも6〜7時間。それまで護岸が持ちこたえるか。
 雨の峠は越えたらしいが、栗駒、鳴子方面と、岩手県域でもすごい水位になっているようだ。それぜんぶ、これから石巻にくるわけだ。どうなることやら。寝よっと。
by kawa-usso | 2011-09-22 02:16 | いま田んぼでは2011。

倒れるぞ〜。

 頭を垂れる、の格言通りに、実るほど頭が重い。
 そこに雨を含むと、なおのこと。稲は風よりも、雨で倒れるのだ。
 穂が濡れた泥にべったりとひっついていると、地面を感知して発芽を始める。
 穂発芽というやつで、米の品質がガタ落ちるのだ。

 写真は土手から遠望する、拙宅の「ひとめぼれ」。
 予想はしておった、というか倒れないはずがないと思っていた。
 父親が散布機をうまく使えず、あまりにも多くの肥料を撒いてしまった場所だから。
 稲丈が他よりもぐぐんと伸びて、長く重心高くなったため。

 さて、では倒れなけりゃいいのか、というと微妙なとこで。
 「さっと(軽く)倒れるくらいに実らないと豊作にゃならん」とも言われる。
 地べたにべったり倒伏は困り切ってしまうが、その一歩手前くらいなら、むしろうれしい。
 最近はコンバインの性能が上がって、少々の倒伏イネはきれいに刈りあげられる。
a0118120_992896.jpg

by kawa-usso | 2011-09-21 09:20 | いま田んぼでは2011。

♫出た出た。

a0118120_19251339.jpg
 きのう出穂を確認。ひとめぼれは8月10日、
 ササニシキは8月7日頃であろう。
 この時期に最高気温が17℃を切るような日が続くと受粉できない。平成の大凶作がそうだった。ま、今年は心配ありゃぁせんが。
 頼むから涼しくなっとくれ。
 カメムシ駆除剤は、今年も使わずにいく。
a0118120_19284412.jpg
 空の色、少しだけ秋の気配があるかのう。
 カーラジオから本名陽子の「カントリーロード」
 ♫カントリーロード 
  この道 ずっとゆけば
  あのまちに 続いてる気がする
  カントリーロード

 ……てな歌詞だったかな、うろ覚え。
 残りご飯をおむすびに。
 おいしく作るコツは、ちょっと固めに炊くこと(うちの炊き方はいつもそう)。
 塩はちょっと強めにすると、冷たいお茶がとてもあう。
 力任せににぎってはいけない。持って崩れない、はむっといったとき、口の中で「むすび」がほどけるように。なんていうといかにも自分が上手く握れるみたいだが、写真は母親の作じゃ(笑)。

 いわて遠野市宮守の「道の駅」にある、銀むす亭のおむすびがうまいと聞いた。食べたら、ほんとおいしかった。上の条件を満たしている。

 道は険しそうだけど、この秋も、おいしいおむすび食べられますように。 
a0118120_19332019.jpg

by kawa-usso | 2011-08-12 19:38 | いま田んぼでは2011。

ん?

a0118120_23405527.jpg
右側の君、イネでないんとちゃう?

「いややわー。イネですがな。
 ちゃんと兄さんが植えてくれましたがな」

そうか。うちのイネはみんな、
ちょいとばかし、くた〜っと
なってるけど、キミ青々やん。

「いや、ジブン頑張ったさかいな」
a0118120_23463121.jpg
どれ、失礼。
その割に株のボリュームは少ないな〜。

「スリムやけど強くしなやか、てとこや」

a0118120_23542657.jpg
うそこけ。

「殺生や〜」
by kawa-usso | 2011-08-02 23:56 | いま田んぼでは2011。

穂肥2。

a0118120_108344.jpg
●ひとめぼれ、追肥。
 田んぼ4枚中、いちばん葉色が薄い1枚にのみ。
 NK化成3kg/10アール。
by kawa-usso | 2011-07-25 10:09 | いま田んぼでは2011。

穂肥。

a0118120_1811734.jpg
 追肥ですな。ササニシキに。
 ひとめぼれは、もうちょい後でよいかと。
 出穂は8月8日頃ではないかと。
 中干し終了、再び水を張る。
 「花かけ水」と呼ぶ。

●ササニシキに、NK化成を2.5kg/10アール。
倒れたらいやなんで、だいぶ少なめである。
by kawa-usso | 2011-07-23 18:04 | いま田んぼでは2011。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

最新のコメント

リキテックスの、空気のよ..
by kawa-usso at 08:21
すてきな言葉でご紹介くだ..
by torira at 00:15
MAさま あいや こち..
by kawa-usso at 00:25

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31