カテゴリ:いま田んぼでは09。( 20 )

疲労困憊。

 [ひとめぼれ]刈る。
 とりあえず、3反(30アール)ほど。
 田んぼが乾いていない、史上最悪の条件。
 コンバインの足が、も、もぐるぅ刺さるぅ。

 疲れきってしまったんで、もう寝ます。 
a0118120_20265165.jpga0118120_20261330.jpg
by kawa-usso | 2010-09-20 20:19 | いま田んぼでは09。

ミレーごっこ。

a0118120_9304638.jpgすなわち、落ち穂ひろい。
9月10月3日、4日、5日と、ササニシキを刈り取った。
いろいろあった激動の週末、週あたま。
取り急ぎ、記録のために。
残すはもち米だけ。
by kawa-usso | 2009-10-06 09:32 | いま田んぼでは09。

稲刈りでした。

a0118120_20104676.jpg [ひとめぼれ]から。
 9/30日に30アール、10/1に30アール。
 例の、いもち病がついた 田んぼ。
 ちゃんと育ったのかなあ。どれくらい穫れるかなあ。
by kawa-usso | 2009-10-02 20:18 | いま田んぼでは09。

影のごときもの。

a0118120_17201015.jpg ニュアンスを伝えるのがむずかしいのだが、農にはそこはかとなく、いやその実はっきりと切なさがついてまわる。コメが安いとか年寄りばかりだとか、そういうこととは別種の。切り離すことも消し去ることもできない寂寥感。でも少しもイヤではなく、むしろ体温くらいの温さも感じる。
 その切なさを感じられるからこそ、おいしさも楽しさも、美しさも快適さも享受できるような、匂いのような、通奏低音のような[ニュアンス]。誰もいない田んぼに立って、少しだけヒエを抜いて、それを痛いほど肌に吸い取ってきた。いま田んぼは静かである。畦の雑草が勢いをなくし、とりあえずは稲穂が頭を垂れ、登熟をひた待つ季節。
 よそ様の文章でいうと、こちらが一番「うんうん」とうなづける。非農家が、あるいは農家出の文筆家業以外の方が読まれてもナゾナゾみたいに思われるかもしれない。この気分、自分はわかるつもりだけれど、明解に書き表すことはまだまだできそうにないのだ。いつかなれるのかどうかもわからないけど。
a0118120_1739510.jpg 花巻小屋には、花巻市東和町にある石鳩岡駒形神社のお札を飾ってある。毎年9・11はそこのお祭りなので、当方にとって悲しいテロの日ではない。一年飾ったお札とお守りをもって、初穂料&神楽の花代をちょとだけ包んで、新しいお札とお守り、ご祈祷した御神酒をいただいて。そんでもって、石鳩岡神楽の奉納を観て帰る(この神社が本元なのだ)。
 都合がよいことに、駒形神社は畜産の神様だ。拙宅のベゴっこにもご加護を期待していたのだ。これまでは。その辺のことを、21日発売の季刊[住む。]31秋号にはつづった。(おお、サイトがりにゅうあるしている!!) こんどばかりは、とりわけ切ないばっかりのこともあったんだけどさー。買ってね。(このごろ顔の皮がいちだんと厚くなってきたわたくしである)

 草であれ動物であれ、生きもののそばに添うのは、ぐっとくるだね。秋だわ(笑)。
 イモチ病の広がりは抑えることができた。薬剤を追加散布した田の米は、自家用にしたい。
 田んぼの神様ありがとう。
by kawa-usso | 2009-09-18 17:50 | いま田んぼでは09。

カメムシ防除。

a0118120_11313563.jpg 発売中の季刊[住む。]夏号の拙稿、[畑からの便り]には、田んぼのカメムシ被害について書いた。
・岩手県などで起きたミツバチの大量死が、水田のカメムシ殺虫剤によると見られる。
・農薬を使わずにカメムシを防ぐ方法もある(が、効果は確約できない)。
・カメムシ害米(黒い斑点がつく)は米の等級検査で二等米以下の評価を受け、価格が下がる。
・が、斑点米粒は最新の選別機ではじかれ、一等米となんら変わりなく売られる。
・消費者にも生産者にも利のない等級制度を改めれば、農家みんなで薬剤を一種類、米と水田環境から減らし、かつ農薬代も浮く。
 といった趣旨のことを書いた。詳しくは読んでね。他にも充実してますから。

 で、今年もカメムシの多発期。迷って悩んで、今年は薬に頼った。理由は、春先の選薬ミスに起因する。対いもち病の成分が入っていない薬剤を使ったため、ほぼ毎日、田んぼの畦道をぐるぐる見回っている。病変は早期に見つけなければならない。それは畦道に伸びる雑草で繁殖しているカメムシを、水田の中に追いやっているようなものなのだ。
 
 平野どまんなかである拙宅の管内で、養蜂家は聞いたことがない。それで安心して使う訳ではない。野にもミツバチやハナアブははいるし、農薬すべからく、使わないで済めばいいに決まっている。しかし、いもち病をいま以上広げたら、まともな収穫は期待できない。せめて、高価ではあるがハチへの影響が確認されていない登録農薬を選ぶ(商標名ダントツに切り替えた岩手で起きた大量死、切り替えていない秋田では起きずと『現代農業』にあった。ダントツはずっと安価な薬剤なのだ)。

・スタークル粉剤DL・・・3kg/10アール(vsカメムシ)
・ブラシン粉剤・・・3kg/10アールを、さらに[ひとめぼれ]20アール。

 病気の何よりのストッパーは、乾いた晴天である。週間天気予報は、久々に晴れマークが続く。しかも、太平洋高気圧ではなく、からりと爽快な大陸の空気。カカシちゃんもよろしく。
by kawa-usso | 2009-08-14 12:02 | いま田んぼでは09。

・・・・・。

a0118120_182419.jpg 昨日朝、畦の草をかき集めていて、[ひとめぼれ]の葉色が違う一帯があることに気がついた。農協の指導員に見てもらったら、葉いもち病。もう、罹っていたのだ。葉の上方まで広がっていた一帯は、諦める。他へ広げないように刈り取って、田んぼの外へ運び出した。
 [ひとめぼれ]20アールに、ブラシン粉剤DLを3kg/10アール散布。

 5月、薬剤の選び方で致命的なミスを犯した。対いもち病の成分が加わっていない薬を使ってしまったのである。運を天に任せて、大げさでなく祈っていたのだけれど(こんなときばっか都合がいいもんだ)。イージーミス。でもそれが、最難敵につけこまれるミスだった。
 なんとか、カラッと晴れて(相手がカビだけに)。これだけで収まってもらいたい。
 正直なとこ言うと、昨日からだいぶへこんだ。


でも気をとりなおしていこう(追記)。招き猫のお座布で安眠の図。
立秋は8月7日。スイッチョン(ウマオイ)が、たったいま鳴きはじめました。
a0118120_19225185.jpg

by kawa-usso | 2009-08-04 18:34 | いま田んぼでは09。

疲労回復剤としての農作業。

a0118120_20112253.jpga0118120_20114996.jpg すごい2週間だった。
 福島会津、福島市、
 岩手岩泉町、花巻大迫、
 山形県高畠町&飯豊町、
 仙台、東京。
 を、石巻の本宅と岩手花巻小屋から行ったり来たり。きょうはこたこたになって寝ていたんだが、頭からカラダから疲れが抜けない。こういうとき案外いいのが、単純な農作業。畦道の雑草を刈って、水面に散ったそれらをかき集める。左が処理前、右が処理後。
 大敵いもち病は、よーするにカビだ。畦ぎわから発生しないよう、湿気がこもらないようにこざっぱり保つのは大切。

 でも疲れが回復、とまではいかずやっぱ歳には勝てん。

疲労の元になった行動のフォト一覧である。

a0118120_2025252.jpga0118120_2025281.jpg 福島のナントカ豚のロースト。ソースはバルサミコだけど塩胡椒で十分うまい。同じく福島牛のシチューonオムライス。とろっっっっっっっっとろ。


a0118120_20282022.jpga0118120_2032210.jpg 岩泉町で、手仕事ギャラリーの工藤りせさんとお茶っこ話。木のスプーンと箸に柿渋を塗っているとこであった。花巻小屋用の座敷箒を一本購入。メシは斜め向かいの、藏を使ったイッタリア〜ンでペンネのジェノベーゼを平らげた。ワインがほしい。


a0118120_20354624.jpga0118120_20363345.jpg 山形県飯豊町で、道の駅にある、お母ちゃんたちのピザハウス。が定休日。あ〜〜〜〜ン愉しみにしていったのにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ。昼は同じ施設にあった、飯豊牛のメンチカツ&バーグサンドに変更。ハンバーグ、塩っ辛いす。

a0118120_20431362.jpg 花巻小屋から早池峰神社の例大祭へ。行った時にはもう岳神楽(たけかぐら)の演目に番手、翁舞であった。画像は、[五穀]です。日程としてはきびしかったが、しんどい時こそ神仏のご加護を。そういうタイプじゃないんだけどさ。祈っても天地は動かん。動かんからこそ神仏であります(by夢枕獏)。
a0118120_2049779.jpga0118120_20534869.jpg 翌日9:00には有楽町の東京国際フォーラムに居た。そのために前夜の観賞は大償神楽(おおつぐないかぐら)の[山神舞]で泣く泣く切り上げ、花巻小屋でちょっと寝て、朝4時に起きて仙台までクルマを飛ばし、始発から2番目の新幹線に載ったちゅうことで。
 日帰り、夜の[はやて]から見た、戸田市での花火。要するにこの往復がこたえたのだ。
by kawa-usso | 2009-08-02 20:58 | いま田んぼでは09。

セオリー。

a0118120_12662.jpg 田植え前に与える肥料は基肥(もとひ)、使いの肥料を文字通り追肥という。穂が出る出穂(しゅっすい)は、8月5日頃と予想。この頃の追肥なので、穂肥え(ほごえ)ともいう。
 どっさり与え過ぎてしまったから回収、なんてことはできない。ので、基肥で丈夫に育て、追肥で実らせるというのがセオリー。ミレーの[種蒔く人]スタイルで。
 ササニシキ・・・NK68化成6kg/10アール
 ひとめぼれ・・・NK68化成8kg/10アール
by kawa-usso | 2009-07-23 12:14 | いま田んぼでは09。

緑の縞。

a0118120_20141544.jpg 施肥がまんべんなく行えたか否か。ということが、そろそろわかってくる頃である。
 深緑の縞が2本・・・。その場所でトラクタの足を止めたのに、散布機が動いたままだったので、余計に肥料が投じられたのである。ま、愛嬌アイキョウ。

a0118120_20193519.jpg 愛嬌で済まない気分なのがジャガイモ。1センチくらいのミニ芋、しかもヒョウタン型だったり歪(いびつ)だったり、肌(表皮)にシミがあることも手伝って、およそ食べられない小芋ばっかりびっっっっっしりと生っている株がある。で、そういう株元には、なぜかダンゴ虫もうじゃ!とついているから大の男でも背筋がオゾゾもんで・・・。
 立派なサイズが揃った株もあるのだが、肌は相変わらず悪い。ぽつんと黒いシミがついている芋も少なくない。そういう芋は、保存が利かず早々に腐るのだ。
 何が悪いのでしょうかね。誰か教えてつかわさい。
by kawa-usso | 2009-07-12 20:28 | いま田んぼでは09。

じ〜〜〜〜っ。

a0118120_1193994.jpg 田んぼの畦を刈る。と、どこからともなく大中小サギ&アマサギなどの一族が飛んできて、かなり遠巻きに見つめているのだ。
 狙いはもちろん、居所を追っ払われてあらわになったカエル。人がいなくなるか十分離れたら、すかさず刈りあとへにじり寄って腹ごしらえしようと企んでいるのだ。だけどいつも先にあまり用心深くないムクドリが群れで割り込んで虫、その他を食べてしまう。おまえら(サギ)損な性分だな〜(笑)。

 マンガでいう「とりぱん」的な世界でしょうかね。あの作品を最初に「おもしろいよ」と薦めてくれたのは、遠野のうまこ姉さんだったような気がする。で、たまたま食堂にあった「モーニング」で読んだけど、う〜ん、そこはかとなく楽しいんだけどそんなに入れ上げるほどでもないなー。
 しばらくぶりで先日、またとある食堂で「モーニング」4〜5冊から立て続けに拾い読みしたら、けっこうおもしれえやコレ、と思いましたねようやく。
 わたくしの反応が鈍いのか。そういう作品なのか(つまり3回目以降にはまります、という・・・)。
by kawa-usso | 2009-07-06 11:26 | いま田んぼでは09。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

最新のコメント

リキテックスの、空気のよ..
by kawa-usso at 08:21
すてきな言葉でご紹介くだ..
by torira at 00:15
MAさま あいや こち..
by kawa-usso at 00:25

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31