平孝商店のこと。

a0118120_2402281.jpg
 しっかりした手作りの道具の類が見直されていることは、定着したムーブメントみたいだ。書店の店頭では、手仕事もんもんを特集した雑誌や書籍が、けっこうな居場所を確保しているし。あちこちで新旧の手仕事市、クラフトフェアが次々と旗揚げされて、作る人と使う人が直接つながる場も増えているようだ。喜ばしいことであろうと思う。
 昨今は中介者を省いてダイレクトにつながることを良しとする評価もあるけれど、手作り品を鬻ぐ専門店や雑貨屋さんが不要かといえば、そういうものでもない。
 一連の動きの中で、いま再び光が当たっている印象を受ける岩手県北部。昔から続く手仕事の郷である。竹細工、木工、手織り、ホウキグサから育てた手編みの箒……。そんな産地のまっただ中、一戸町(いちのへまち)に平孝商店はある。まぁムラのよろずやさんだ。近頃は全国どこでもホームセンターが大きな顔をしているが、ふだん使いのものが大方揃う歴史ある店、愛顧する町民は多い。


a0118120_243184.jpg

a0118120_3461734.jpg
直せるものを売る。
 主な品々の仕入れは、メーカーや職人、工人との直接取引。そして国産品を貫いてきた。使い捨てならより安価な品はある。けれど長く使えるものが結果的には安く、買い手のためになる。道具の修理も取り次ぐし、いわば直せるものしか売らない。そうしたケアは、製造者が海の向こうにいたらできることではない。
 いま更新はされていないブログに、震災直後、平孝さん(平野祐二さん)はこう綴った。
 「工場を目の前の費用だけ見て海外移転されては、そして日本製の品質を捨てては、ある意味生き残る道はなく経済も成り立たない。いまに始まった事ではなく、以前からずっとそしてこれからもおそらくずっと。
 産業の空洞化が失業率を上げている事は間違いないでしょう。価格の安さは確かに大きな魅力かもしれませんが、先々の事を見据えた先行投資〜日本製を作って日本製を買って使う事も大事です。
 計算上の大きな数字でいえば、世界を相手に価格競争にも勝てるような大企業の数字をまとめた方が早いでしょうが、現実は庶民の暮らしが一番なのです。何度でも言います、書きます。MADE IN JAPAN。これこそが日本の復興には必要不可欠な事です」

[ PHOTO上/灯油ランプは部品1点1点が異なる町工場製。どれが不具合になっても、その部品を取り寄せれば使い続けられる。逆を言えば、どこか1社がつぶれたら、もうこの新品は作れない。壊れたら、THE END.]

a0118120_244373.jpg
売るプロの意義。
 近郊の作り手から集まる手仕事品も、平孝さんはまとめて買い上げる。ぽつん、ぽつんと売れるよりも、作り手にとってはずっとありがたい。そしてまた、その出来栄えをきちんと批評する。たとえば箒なら、「元の部分をもう少し丁寧に編んでください。そうしたらもう少し高く買いますよ」などと。クラフト市などで買うユーザーが、使いにくさや改善のアイデアなどを、ともすれば言いにくいことを、どれほど直接アドバイスしてくれるだろうか?
 店がプロならば、お客さんも道具を使うプロ。優れた品を、もうどうしようとも使えない、というところまで使い倒す暮らし方が当たり前に身についている。また箒の話になるけれど、地元では「箒をおろす」という言葉をよく使う、と平孝さん。座敷を掃くのに長年使っていた箒が、穂先がちぎれて隙間が増え、硬くなってきたところで新しい座敷箒を買う。古い箒はこれで御役御免、とはならない。土間を掃く箒に役目替えする。これが「座敷箒を土間に下ろす」。さらに穂先が固く短くなったら、土間から外庭の箒として「下ろす」。そうして10年近く持ち場を変え使い続けて、ようやく、1本の箒は役目を終えるのである。
 懐古でもない、スタイルでもない。当たり前の暮らし方でつながった店とお客さんは、とても理想的なありように思えるのだ。
# by kawa-usso | 2015-06-16 02:45 | ●住めば都的トウホク。

半農半筆ライフ。

a0118120_12564261.jpg
米づくり。
水田1.5ヘクタールでササニシキ(偏愛❤)と、ひとめぼれを栽培しています。堆肥と有機質化成肥料で、おいしさも直売価も「実直」をモットーに。
a0118120_15275634.jpg
とうほく各地からのレポート。
農林漁と分かちがたく結ばれた食・住を、主に東北6県にたずね、観て、聴いて、報告します。メディアは雑誌、新聞、ウェブなどなど。
# by kawa-usso | 2015-05-27 16:36 | ●PROFILE

お受けできる取材、執筆。

こんな仕事をしてきました、しています。
a0118120_18312495.jpg
a0118120_1832511.jpga0118120_13441452.jpga0118120_18351074.jpg
●月刊[食生活](株式会社カザン) 写真上中
明治40年創刊、通巻1200号を超えてひたはしる、「知的好奇心を追求する食の専門誌」。
毎号一つの食材を特集。
生産者レポートはもちろん、栄養面の学識者やシェフにその食材を語ってもらうスタンスは独特。
2014年10月号から6回の連載で「じっくり、岩手食」取材を担当。
在東京のシェフらが岩手県内の山畑海に生産者をたずね、その食材を一皿に表現。

a0118120_1834773.jpg
●「旬」がまるごと マザーフードマガジン (ポプラ社) 写真右
1冊まるっと1食材。その素性からヒストリーから腕こき生産者から料理法からおいしい店から、冗談のような雑学万象まで。全方位でしなやかな食のリテラシー深める、おいしい暮らしのマイルストーン。復刊を熱望します。
23号[かぶ]…「拝啓、蕪主各位。」〜宝谷かぶ/山形県鶴岡市
24号[レタス]…スタマック・ジャーナル〜春告げワカメ/宮城県石巻市
25号[そらまめ]…スタマック・ジャーナル〜ネマガリタケ/秋田県仙北市
27号[ほたて]…「復興、宮城石巻、再起のほたて貝」〜宮城県石巻市
29号[しお]…塩竈神社&塩竈の藻塩〜宮城県塩竈市

a0118120_18472840.jpg
a0118120_18493166.jpga0118120_18502838.jpga0118120_12535460.jpg


a0118120_1314636.jpg

a0118120_10225467.jpga0118120_10242398.jpg
●隔月刊[コンフォルト]
No.145(2015August)〜P133


a0118120_16194227.jpga0118120_1305525.jpga0118120_1623238.jpg


a0118120_15333482.jpg
十年一日、きっと20年も一日。けれどいつ再読しても古くない。住まいのありようから、食や衣や地域までも含めた暮らしの重なりを考え、コツコツと形にする実践の報告。
●[木の家に住むことを勉強する本]
「近くの山の木で家をつくる運動」とリンクする、木の住まいのALL ABOUTブック。
「豊穣の牡蠣を育む広葉樹の森」~宮城県唐桑町(現気仙沼市)
「棟梁という生き方~普請は山から始まる。」~岩手県陸前高田市

●季刊[住む。]No1〜No53
創刊号…自然の力を借りた手の仕事#1急がない、実直な味噌~麹屋石田商店/宮城県岩出山町(現大崎市)
3号…自然の力を借りた手の仕事#3近くの牧場の新鮮な牛乳で作るナチュラルチーズ~トロイカ/岩手県北上市
5号…自然の力を借りた手の仕事#5手間と時間がつくる味・イカの塩辛~山形県酒田市飛島
7号…自然の力を借りた手の仕事#7石巻湾の海水で作る釜焚きの塩~伊達の旨塩工房/宮城県石巻市
9号…自然の力を借りた手の仕事#9地元の大豆とおいしい水で作る豆腐~のぞみ工房/岩手県大迫町(現花巻市)
4号…自然と寄り添うふだん食。~食の文化祭より/宮城県宮崎町(現加美町)


a0118120_14243547.jpg11号…おいしい水・安全な水Chap.2~「山に生まれる水、水に恵まれる暮らし。」山形県遊佐町
23号…「ごはん一膳の価格から農の現在(いま)を知る」~結城登美雄さんインタビュー
26号~最新号…畑からの手紙~田んぼと自給畑から、等身大1000文字。
38号…特別企画 被災地から〜「頼りになる、ローテクな"手"の暮らし」
39号…特別企画 被災地から2〜「再びつくる、北上。熊谷秋雄があげる、復興ののろし。」
41号…「農村環境から、エネルギーを。」〜岩手県葛巻町の取り組み
52号…特別企画 東北・被災地から。〜「再び、住む。」(住と仕事を取り戻す住まい、建築)
# by kawa-usso | 2015-05-21 15:35 | ●PROFILE


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

最新のコメント

リキテックスの、空気のよ..
by kawa-usso at 08:21
すてきな言葉でご紹介くだ..
by torira at 00:15
MAさま あいや こち..
by kawa-usso at 00:25

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30