続・初夏の盛岡(あくまでなうじゃない)。

 こんな晴天になった5月26日の盛岡でありやして。
a0118120_15404713.jpg

 毎年、花巻市東和町の石鳩岡神楽が、桜山神社の例大祭に奉納する。
 そうだ北上市の綾内神楽などなどと連携一座なのであった(と、bogとりらを拝見して思い出した/追記)。
 毎年、どんなに春が遅くても、木々の緑はこの頃が明るさ鮮やかさのピーク。新緑というよりは少々若葉に傾いている、かな。こっから3〜4日経つと、青葉と呼んだ方がいいような、陰りを帯びたグリーンになる。
 神社向かいのカフェでカレー食い食いレーベンブロイの生をおかわりまでしただよ(いまうちあける)。最高だたぢゃい。
a0118120_15481681.jpg

 ピックアップで。三番叟。なんでも石鳩岡神楽に惚れ込んだあまり、住んでいる埼玉から通いで習っている若者だそうで。なんちゅう入れ込みだ。
a0118120_1552392.jpg

 山の神。春に山から里の田へ下り、晩秋に山へまた降り立つ。水の写身、農の神でもある。
a0118120_15541257.jpg

 岩戸開き。日本開闢(かいびゃく)のストーリー。
 演幕に染め抜かれた「向い鶴」は、南部藩の(いってみれば)ロゴマーク。御一座が賜りました。誇り高いです。
a0118120_1556345.jpg

a0118120_15584616.jpg

 翔べ若いもん。普勝(ふしょう)の舞。
a0118120_1631718.jpg

 最後に祈祷権現舞。
 久々に鑑賞した石鳩岡であった(石鳩岡の師である岳神楽と、大償神楽は昨年7/31の早池峰神社例大祭で観ているけど)。たぶん1年以上経つかも。舞初めに来られなかったぶん、頭を噛んでもらったのである。ありがとうございました。
a0118120_1691243.jpg

by kawa-usso | 2013-06-01 16:08 | 宮手県の風景。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30