ふるさと岩手の芸能と暮らし[とりら]Vol.7。

a0118120_1321268.jpg

 ふるさと岩手の芸能と暮らし研究会どのより、新号が届きました。先の6号のショルダーは「ふるさと岩手の芸能と震災」。津波でこわされ、なおも歩き続けようとする三陸沿岸の暮らしと芸能を増ページの1冊フルボリュームで取材し執筆されていました。

 混合はいちおう通常編集に戻り、内陸の芸能についても取り上げられています。が、三陸の芸能の再起についても、これまで以上にていねいに見聞きし編まれていますし、きっとこれからもそうでしょう。

 珍しくたまっている原稿書きの間に、2編を読みました。
 「マンガいわいずみ物語2 津波と皮と人と鱒」……サケの漁労施設が津波で崩壊したために、ゴンガツマス(=サクラマス/ヤマメの降海再遡上個体)がわんさか押し寄せた後日談です。
「高舘剣舞、馬の古道を行く」……国道396号から盛岡市内を目指す時、東の山並みに向かう分岐があります。その懐の大ケ生(おおがゆう)と、峰越の・根田茂(ねだも)、砂子沢、梁川、田代といった山里に広まった念仏剣舞。この土地に、なぜ、どのように伝わり、舞継がれてきたのか。お年寄りと文献からから話を拾いあげてつづる報告は、薄れた古画をていねいに描き直すプロセスを観ているようです。

 取扱店は、岩手盛岡市、花巻市などに。版元のウェブログはこちら
by kawa-usso | 2013-11-26 13:46 | 本の話題と掲載誌。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30