座主窯のうつわ。

 栗原市花山の座主窯さんが、震災後の石巻で初となる個展を1月に催した。御内儀は石巻出身で、NB(おわかり?=猫バカです)仲間の 工藤幸子さんであられる。座主窯の手法は焼締で、お料理を盛り付けると沃土をそのまま器にしたような豊穣を感じるうつわ。

 花山に窯を築いて10年内外(正確には失念)経って、ようやく土の使いこなしに手応えを感じてきたとのこと。その間の苦労たるや、岩手・宮城内陸地震で窯が全壊し、やっとの思いで築窯して再開したら東日本大震災と、言ってみれば踏んだり蹴ったり同然であられた。
 荒波越えて焼き上がった新作からいただいてきたのは、深めの鉢。そもそもは多頭飼いの工藤邸で、猫たちに飲ませる水のサーバーとして作ったシリーズみたい(工藤幸子さんブログより)。両の把手と、底の真ん中にくつろいでいる眠り猫?がエレメント。
a0118120_210920.jpga0118120_21179.jpg

a0118120_21407.jpg

 人が使って悪い道理はなく(1匹飼いにはでかいのだ)、これは肉じゃがとか具ごろごろのシチューがあうなと思った。先ごろ、花巻で鉄砲撃ちさんからもらった鹿肉(どっさり配給されたのだ)のトマトシチューを盛りつけてみたけど、いかがざんしょ。ランチョンは爽やかな藍染縞の会津木綿さ。

 個展の会場となったのは、[食 石川]。石巻の老舗牛肉料理店だった割烹石川が津波で全壊し、昨年11月に住吉中学校の近くにようやく新店舗を構え再開した。牛肉料理だけでなく、いろいろなおいしさにトライアルしてゆく、心意気から一新したお店だ。いずれ予約して、食べに行かなくちゃと思っている。

 窓が大きく、おだやかな白壁に囲まれて薪ストーブが燃えるフロア。聞けば、いま住宅建築で最も評価されている建築家の事務所LH(と書いただけでわかる人はわかる!)で修行した方が、なんと石巻出身!でふるさとで独立開業した。その方の設計という。師匠NY氏がたった昨晩いらして料理を召し上がっていったとか。ほおおおおおお。

 いずれお店のことは、了解を得てゆっくりとご紹介したい。
by kawa-usso | 2014-02-06 21:08 | 手の仕事、表現。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30