言葉に、少しずつ出番が回ってきた。

「なんとも言えない」は使うな。
 文章修練のある時期に、そう教えられた人は少なくないと思う。おいしさなり美しさ、それで動いた心を、言葉を使ってなんとか表現するのがわれわれの仕事なのだ、と。
 あの日言葉は無力だった。言葉の使い方を鍛え、磨いてきたつもりの職能者が、ただ黙り立ちくして降参するしかなかった。何を伝えるというのか。どう伝えられるというのか。それが何の力添えになるというのか。
 浜で必要だったのは行動あるのみ。救ける、守る、探す、命をつなぐ。言葉は状況と要不要を伝えるツールとして、あるいは生存をかけた瀬戸際でかけあう励まし、という機能しかなかったのではないだろうか。

 ほとんど破滅的と言ってもいい挫折。完膚なきまでに叩きつぶされ、それでも行かずにはおられず最寄りの浜を訪ねた時の心中は、どこまでもバツが悪く、いま思い出しても肚がキュウと縮こまる思いがする。そんな自分に、散歩ですれ違ったように「やあ」と、笑顔を見せてくれた漁師の強かさにはただただ恐れ入り、頭が上がらない。

 そうだ、幸いだったのは、人は泣いてばかりではなかったこと。一部は驚くばかりの意気込みと行動力で再起へ歩み始めたし、救援から暮らしの再建へ支援へと活動が広がる中で、うつむいていた顔を上げる人も出てきたこと。そして気がつけば、言葉の限界を思い知らされてなお、土に立ち人に添う優しい書き手がいた(優しい、は優れているのだ)。

「RE」というのは、そんなプロジェクトである。
 
a0118120_15221470.jpg 何もかもめちゃめちゃに壊されてしまった仙台市の沿岸部。ここにどのような暮らしが取り戻せるか、つくれるか。そのカギは、「ここにどのような暮らしがあったか」にある。そこで言葉の力、地元学の力が生きてくる。話を聞く。ひたすら聞いて書きとめる。農、味、習わし、祭り。暮らしの跡をたどる。できるものは再現する。(結城登美雄さん風に言えば)そんな浜が浜であった姿、ムラがムラでありえた理由を考慮しないで、どんな生活再建もありえないのだ。

「RE」の12号続いた報告は、一区切りということになったようだ。プロジェクトサイトからPDFをダウンロードできます。きっと
 4回めの春を前に。
by kawa-usso | 2015-02-28 15:25 | 震災を越えて。


ササニシキ偏愛の米農家兼フリーライター。みやぎ石巻(本宅)&いわて花巻(小屋)……長大な北上川河畔の南北拠点から、東北6県の[農林漁業と食住の文化]を観て聴いて報告する「じぶんメディア」


by kawa-usso

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

●PROFILE
●(備忘録)田んぼ2015
●住めば都的トウホク。
▼[以下はすべてアーカイブ]
FOOD×風土@とうほく
酒、肴、菜、飯。
手の仕事、表現。
NB(猫バカ)&生きもの。
本の話題と掲載誌。
クルマ、ギア、グッズ。。
私立 東北雑貨屋研究所
農都共棲(農と住む)。
花巻小屋とカヌー。
宮手県の風景。
震災を越えて。
いま田んぼでは2014。
いま田んぼでは2013。
いま田んぼでは2012。
いま田んぼでは2011。
いま畑では2011。
雑感、いろいろ。
いま畑では2010。
いま田んぼでは2010。
いま畑では09。
いま田んぼでは09。
教育ファーム。

検索

twitter

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

フォロー中のブログ

いわてぐらし。
Botanic Jour...
blogとりら

以前の記事

2016年 06月
2015年 12月
2015年 10月
more...

その他のジャンル

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30